企業戦略の一つ

PC

従業員エンゲージメントは企業が生き抜いていく上で必要な企業戦略と言えます。従業員が会社の理念を理解し、会社への愛着心や信頼性、仲間意識を持つ事はパフォーマンスの向上に繋がり、最終的には顧客満足度の向上と繋がるのです。

詳しく見る

生産性を上げる愛社精神

男女

企業が生産性を上げるのに効果的なのが従業員エンゲージメントです。簡単にいうと愛社精神のことで、これが強いと仕事へのモチベーションが高くなって生産性を上げることができます。ただし企業が愛社精神を強制すると逆効果になります。全従業員にアンケート調査をして不満点などを把握し、それを改善することが大事です。

詳しく見る

調査で終わらずに

オフィス

従業員エンゲージメントとは、従業員がどれくらい自社に満足しており、自ら貢献しようとするかをはかるものです。調べるだけで終わるのではなく、調べた結果を真摯に受け止めて、改善する姿勢と改善策を打ち出すことが重要となります。

詳しく見る

企業の生産性と社員教育

PC操作

従業員エンゲージメントは企業製品やサービスの質を向上させることとは異なる効果を生み出すものです。特に、チーム単位のプログラムやリーダー育成のカリキュラムは企業の生産性を飛躍的に向上させる手段となります。

詳しく見る

業績向上の一つのポイント

握手

従業員エンゲージメントとは、従業員が企業に対して抱く、愛着や絆という意味合いで使われます。これは、企業の業績向上にも大きく影響するものです。従業員エンゲージメントを高めるには、「風通しの良い職場」「きちんとした人事評価制度」「人材育成の姿勢」などがポイントとなるでしょう。

詳しく見る

愛社精神は売上につながる

スーツの男女

離職率が下がり業績アップ

従業員エンゲージメントを活用する企業が増えています。従業員エンゲージメントというのは自社への満足度です。満足度が高いと愛社精神が生まれ、企業の実績向上につながります。そのためアンケートという形で従業員エンゲージメントを調査し、その結果を見て効果的な対策を練るわけです。従業員エンゲージメントを高めるとどのような効果があるかというと、顧客の満足度も上げることができます。実際にアパレルメーカーなどは従業員エンゲージメントを高めることによって、従業員自らがブランドへの誇りを持つようになり売上が上昇しています。その結果、顧客満足度も高くなっています。そのような顧客のリピート率も上昇しています。このように従業員エンゲージメントが高くなると売上も上がります。それだけでなく離職率を下げる効果もあるのです。愛社精神が低いと簡単に他の企業へ転職してしまいます。それによって経験豊富な社員を失ったり、若い社員が育たなくなるケースもあります。また従業員エンゲージメントが高いと欠勤も少なくなるというデータが出ています。ちょっとした風邪でも愛社精神があると出勤するようになるのです。従業員の欠勤が多い企業は規律も乱れますし、他の社員へも悪影響が及びます。その点を考えると、従業員エンゲージメントの重要性はますます高くなります。自分の会社に誇りを持てるようになると自然に業績も右肩上がりになるので、業績が低迷している会社は従業員エンゲージメントについて真剣に取り組むべきです。

Copyright© 2018 従業員エンゲージメントに役立つ【成績を伸ばす取り組み】 All Rights Reserved.