生産性を上げる愛社精神

男女

従業員へのアンケート調査

企業が生産性を上げるためには従業員エンゲージメントが重要であるという考え方が広がっています。従業員エンゲージメントとは愛社精神のことで、従業員が自分が所属する企業に愛着を持っていると生産性を上げることができると言われています。その理由は働く時のモチベーションを上げることができるからです。また従業員エンゲージメントが高いと、優秀な従業員を確保することができます。それによって相乗効果が起こり、生産性につながるのです。ただし、従業員エンゲージメントを上げるためには気をつける点があります。企業が強制的に与えると逆効果になることです。強制された愛社精神は真の愛社精神ではないので、生産性が上がるどころか下げてしまいかねないのです。従業員エンゲージメントは従業員自らが持てるように仕向ける必要があります。企業が従業員エンゲージメントを高める場合は、全従業員を対象にしたアンケート調査をすべきです。アンケート調査の結果を集計すると、従業員の不満や改善してほしいことなどが明確になります。企業はそれを把握したら改善する努力が必要です。不満や問題点が改善されれば、自然と従業員の間にエンゲージメントが生まれてきます。このような従業員の意識調査をする場合、質問項目が重要になります。必ず入れたい質問項目として、企業の社会的目標について理解しているかどうかを設定することです。これによって従業員は企業の理念を知ることになり、従業員エンゲージメントにつなげることができるのです。

Copyright© 2018 従業員エンゲージメントに役立つ【成績を伸ばす取り組み】 All Rights Reserved.