調査で終わらずに

オフィス

改善する姿勢が重要

近年、お客様満足度に加えて、従業員エンゲージメントを調査する企業が増えてきています。従業員エンゲージメントとは、従業員が自社に対してどれだけ満足しているか、愛着と誇りを持って貢献しようとしているかをはかるものです。単なる満足度調査と違い、従業員が自ら会社に貢献しようと考えているかどうかを調べる点が特徴的です。従業員エンゲージメントを行うには様々な方法があります。基本的には全社員にアンケートをとり、その結果を数値化して調べることになります。ですが、どの部分に力点をおくかや、アンケートの量はどのくらいにするかなどは実施する企業の采配一つで変えられます。客観的で専門的な調査を行うために、外部の会社に依頼して従業員エンゲージメントを行うことが多いですが、実施する企業の希望をふまえて実施するので、その形は様々なものとなります。より詳細な結果を知りたいのならば詳細なアンケートにすべきですが、設問が多すぎたり細かすぎたりすると仕事に支障をきたし不満を抱くおそれもあるので注意しなければなりません。実施するときは、実施しただけで満足しないようにする必要があります。仮によい結果であっても、そのままである企業では従業員は満足しません。不満が少しもない企業は存在しないからです。よい結果であれ、悪い結果であれ、その結果を真摯に受け止めて、改善しようとする姿勢と実際に改善策を打ち出すことが必要です。このステップがないと不満が蓄積するおそれもあるので注意しなければなりません。

Copyright© 2018 従業員エンゲージメントに役立つ【成績を伸ばす取り組み】 All Rights Reserved.